県政一般・報道提供資料

第7回蘇州ジャパンブランドでの鳥取県ブース(県産日本酒販売&観光PR)の様子をリモート視察します!

2021年05月12日提供 資料提供


提供機関

提供課等:農林水産部市場開拓局販路拡大・輸出促進課   担当/係名:輸出促進担当 
電話番号:0857-26-7806  FAX番号:0857-26-0609
その他関係所属 : 交流人口拡大本部観光交流局国際観光誘客課(0857-26-7236)

内容

5月15日(土)と16日(日)の両日、中国江蘇省蘇州市のAEONモール内イベントホールにて開催される「第7回蘇州ジャパンブランド」に鳥取県が出展し、本県産の日本酒販売と観光PRを実施するため、下記の通り県庁にて、本県PRステージイベント及び出展ブースの様子をリモートで視察します。

1 日時

5月16日(日)午後3時50分〜午後4時40分

2 場所

市場開拓局長室(本庁舎4階)

3 中継場所

AEONモール蘇州園区湖東店イベントホール(中華人民共和国江蘇省蘇州市)

4 出席者

場所
所属
備考
蘇州市
フコク東海上海支社 総経理 八田 毅
現地販売会社
山陰合同銀行上海駐在員事務所 首席代表 福島 祐
JTB上海佳途国際旅行社 会務部長 植田裕己彦
プロモーション受託者
県内
高田酒造() 代表取締役 高田昌樹
リモート登壇
県庁
商工労働部兼農林水産部市場開拓局長 岸田絵理子

5 内容

(1)JTB上海による「第7回蘇州ジャパンブランド」紹介 午後3時50分〜午後4時
(2)鳥取県PRステージイベント 午後4時〜午後4時20分
 ・JTB上海による観光PR
 ・現地販売会社による酒蔵(高田酒造、大谷酒造、福羅酒造)紹介
 ・高田酒造による酒蔵のオンライン中継紹介
(3)現地販売会社などとの意見交換

参考資料

<参考1>ジャパンブランドイベントについて

 物産品の販売やステージショー等を大型商業施設で実施し、日本の食、観光、文化の魅力を中国消費者に向けてPRするイベント。民間主導による実行委員会が主体となり、在中国の日本国総領事館との共催で、日本政府観光局(JNTO)、日本貿易振興機構(JETRO)の後援で開催される。2012年より広州省広州市で始まり、江蘇省蘇州市は山東省青島市、四川省成都市、遼寧省大連市に続く5番目の開催都市。
○第7回蘇州ジャパンブランドへの出展団体
自治体(8):鳥取県、茨城県、愛媛県、静岡県、福島県、大阪市、大阪府、香川県
民間(10):丸大BOBSON、久光製薬、大正製薬、鷹正宗、キリンビール、東急、三菱鉛筆、JR九州、バン

<参考2>鳥取県産日本酒の輸出状況(鳥取県販路拡大・輸出促進課調べ)

単位:千円
年度
R1(H31)
H30
H29
H28
輸出額
71,634
105,861
67,487
72,352
※令和元年度のエリア別では、米国(29,053千円)、香港(10,782千円)、中国(9,312千円)の順。


最後に本ページの担当課
   鳥取県令和新時代創造本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    E-mail  kouhou@pref.tottori.lg.jp

  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。