現在の位置: 予算編成過程の公開 の 平成25年度予算 の 農林水産部の小幅板(こはばいた)のクロスパネル化による新たな利用価値の創出
平成25年度
6月補正予算 一般事業(公共事業以外)  一般事業要求      支出科目  款:農林水産業費 項:林業費 目:林業試験場費
事業名:

小幅板(こはばいた)のクロスパネル化による新たな利用価値の創出

もどる  もどる
(この事業に対するご質問・ご意見はこちらにお寄せください)

農林水産部 農林総合研究所林業試験場 木材利用研究室  

電話番号:0858-85-2511  E-mail:ringyoshiken@pref.tottori.jp

  事業費(A) 人件費(B) トータルコスト(A+B) 従事人役
現計予算額 1,953千円 3,972千円 5,925千円 0.5人
補正要求額 888千円 0千円 888千円 0.0人
2,841千円 3,972千円 6,813千円 0.5人

事業費

要求額:888千円    財源:受託10/10 

一般事業査定:計上   計上額:888千円

事業内容

1 補正の概要

平成25年度当初予算要求で、当該研究課題を要求し計上された。

    その後、関連する内容について、(独)森林総合研究所他と共同で外部競争的資金に応募した。そのため、当該研究課題の一部を変更・拡充する。

2 外部競争的資金の概要

○委託元
農林水産省農林水産技術会議事務局

○委託プロジェクト名
気候変動に対応した循環型食料生産等の確立のためのプロジェクト

○課題名
伐採木材の高度利用技術の開発

○共同研究体
(代表機関)
独立行政法人森林総合研究所

(共同研究機関)
日本CLT協会
岡山県農林水産総合センター森林研究所
地方独立行政法人北海道立総合研究機構森林研究本部林産試験場
鳥取県農林水産部農林総合研究所林業試験場
広島県立総合技術研究所林業技術センター
独立行政法人建築研究所

○研究期間
平成25年度〜29年度(5カ年)

○委託プロジェクト要求額(概算)
1,500千円(うち枠外要求888千円、財源振替612千円 10/10)

○研究内容
国産材を用いた新たなクロスラミナパネル(CLT) を大型木造建築物に用いるため、JAS 規格等により求められる性能を確保する技術を開発する。

○鳥取県の担当業務
接着性能評価技術の高度化(環境影響等による寸法安定性評価)

3 委託プロジェクトに参画した理由

CLT開発は現在、日本における木材利用の最重要課題の一つとなっており、その一翼を担うことは、鳥取県の技術力向上に極めて有益である。


○現在、鳥取県内の企業がCLT開発に取り組んでおり、県内企業の技術支援と鳥取県産材の利用拡大が期待できる。

○現行の県単研究課題に関連する研究であり、一部財源振替が可能。

3 変更・拡充の内容

クロスパネルの寸法変化に関する研究業務

○委託プロジェクトが当研究課題と関連するため、委託プロジェクトを当研究課題に組み込み、重複する業務を委託プロジェクトで実施(県単→その他 財源振替)

○委託プロジェクト関する業務については5カ年(県単部分の業務は当初計画どおり3カ年)

○委託プロジェクトで新たに使用することとなった産業技術センターの機器について、使用料を追加(888千円 枠外要求 その他 10/10)

4 事業期間及び経費

単位(千円)
区分
当初事業費
補正
予算区分
県単
県単
その他
合計
合計
25年度
1,953
1,341
1,500
2,841
26年度
1,400
700
1,400
2,100
27年度
1,000
600
1,300
1,900
28年度
1,200
1,200
29年度
1,200
1,200

5 備考


○委託プロジェクトは現在申請中(最終決定は5月末頃予定)
○委託プロジェクトが不採択の場合は現行研究課題を実施
○採択の場合も減額査定される可能性がある。

これまでの取組と成果

これまでの取組状況

これまで県内製材業界に対して、柱材や梁・桁材、板材(厚さ3cm程度)の生産技術向上、性能評価、品質安定化に関する課題を中心に研究を行っている。
また、合板やクロスパネル、LVL(単板積層材)のような、接着剤を用いた木材製品の製造に関する技術向上にも取り組んできた。

これまでの取組に対する評価

これまでの取り組みにより、生産目的に適した乾燥スケジュールや、耐震性に優れた壁、強度性能が明らかでばらつきの少ない製材品の生産などで、生産者と協力した取り組みが進んでいる。
また、製品のJAS認定や商品の受賞など、県内業界で着実に成果が出てきている。

工程表との関連

関連する政策内容

関連なし

関連する政策目標

関連なし


財政課処理欄


要求額の財源内訳(単位:千円)

区分 事業費 財源内訳
国庫支出金 使用料・手数料 寄附金 分担金・負担金 起債 財産収入 その他 一般財源
現計予算額 1,953 0 0 0 0 0 0 0 1,953
要求額 888 0 0 0 0 0 0 1,500 -612

財政課使用欄(単位:千円)

区分 事業費 国庫支出金 使用料・手数料 寄附金 分担金・負担金 起債 財産収入 その他 一般財源
計上額 888 0 0 0 0 0 0 1,500 -612
保留 0 0 0 0 0 0 0 0 0
別途 0 0 0 0 0 0 0 0 0