現在の位置: 予算編成過程の公開 の 平成25年度予算 の 文化観光局のアーティストリゾート創造事業(劇団付き劇場による地域創造事業)
平成25年度
6月補正予算 一般事業(公共事業以外)  その他調整      支出科目  款:総務費 項:企画費 目:計画調査費
事業名:

アーティストリゾート創造事業(劇団付き劇場による地域創造事業)

もどる  もどる
(この事業に対するご質問・ご意見はこちらにお寄せください)

文化観光局 文化政策課 文化芸術担当  

電話番号:0857-26-7843  E-mail:bunsei@pref.tottori.jp

  事業費(A) 人件費(B) トータルコスト(A+B) 従事人役
既査定額 0千円 0千円 0千円 0.0人
補正要求額 7,600千円 0千円 7,600千円 0.0人
7,600千円 0千円 7,600千円 0.0人

事業費

要求額:7,600千円    財源:単県 

査定:計上   計上額:7,600千円

事業内容

1 事業の概要

「鳥の劇場」という芸術拠点を中心に、地域に根ざした国際芸術交流の場を提供する「2013BeSeTo演劇祭」(「鳥の演劇祭6」を併催)の開催を支援し、本県が進めるアーティストリゾートの取り組みを促進する。

    《BeSeTo演劇祭とは》
    • 1994年に韓国・中国・日本の演出家によって立ち上げられた3ヵ国による国際演劇祭。北京(Beijing)、ソウル(Seoul)、東京(Tokyo)の頭文字をとって名づけられ、1994年のソウル開催以来3ヵ国を巡回公演。本年は記念すべき第20回大会であり、次期日本代表には鳥の劇場主宰中島諒人氏が就任予定。

2 事業内容

鳥の劇場運営委員会補助金(鳥の演劇祭)の増額補正
補助対象者 鳥の劇場運営委員会(鳥取市)
補助事業の内容 1.国際演劇祭「2013BeSeTo演劇祭」の開催 
  (9.13〜9.15)
  • 中国・韓国の俳優が鹿野町に滞在し、鳥の劇場とともに「日中韓共同作品」を制作・上演する
  • 中国・韓国劇団の招聘・上演

2.「鳥の演劇祭6」の併催 (9.13〜9.29)
  • 国内外の芸術家による作品の上演
  • 周辺文化事業(体験型講座、トークイベント等)の開催
補正要求額 7,600千円

【「2013BeSeTo演劇祭」の全体事業費】          (単位:千円)
区分
現在予算額
補正後予算額
備考
鳥取県補助金
H25当初
9,750
9,750
今回補正
7,600
今回補正要求額
鳥取市補助金
H25当初
1,750
1,750
今回補正
1,300
今後補正見込
民間助成金
500
400
入場料収入
2,750
3,850
その他
5,466
933
合計
20,216
25,583
※1 上記事業費には「鳥の演劇祭6」開催経費を含む。
※2 今回補正要求額の県と鳥取市の負担区分は、当初予算措置額の負担区分に準じた内容

3 補正理由

(1)2013BeSeTO演劇祭のプログラム拡充
  • 前回(2010年)のBeSeTo演劇祭では、日本・韓国の劇団による公演であったが、今回は中国の劇団を追加招聘予定。
  • 中国・韓国の俳優が鹿野町に長期滞在し、鳥の劇場と共同で作品制作を行う期間を前回より拡大し、より完成度の高い作品を制作・上演するとともに、来年度開催国である中国でも同作品を上演予定。
  • 芸術を核としつつ、相互文化理解を促進することを目的とした取り組みであり、鳥取県の芸術文化が世界に発信されるとともに、国際アーティストリゾートとしての魅力アップにつながることが期待される。
(2)県内外からの参加者入り込みによる経済活性化への期待
  • 鳥の演劇祭の参加者は年々増加(2008年:1,742人→2012年:4,337人)しており、県内だけでなく、県外からの来訪者も多い。(※2012年の参加者アンケートでは、有効回答412人中、53人が県外者であり、中四国・関西圏が大半を占める)
  • 本年は鳥取・松江自動車道が全線開通した年でもあり、さらなる県外参加者の増加が見込まれることから、「2013BeSeTO演劇祭」開催により大きな経済効果が期待できる。

※「平成25年度国際芸術交流支援事業」助成金(文化庁補助事業)が不採択となったほか、民間助成金の確保額が当初想定を下回っており、「鳥の演劇祭6」は事業規模を縮小。

4 予算執行上の留意点

「鳥の演劇祭6」のプログラムとして、鳥取大学が申請中(申請額:450万円)の「大学を活用した地域芸術文化振興事業」助成金(文化庁補助事業)が採択された場合、当該助成金を今回補正額から除した額を鳥の劇場運営委員会に交付する。(※6月下旬に採択結果が判明予定)



財政課処理欄


要求額の財源内訳(単位:千円)

区分 事業費 財源内訳
国庫支出金 使用料・手数料 寄附金 分担金・負担金 起債 財産収入 その他 一般財源
既査定額 0 0 0 0 0 0 0 0 0
要求額 7,600 0 0 0 0 0 0 0 7,600

財政課使用欄(単位:千円)

区分 事業費 国庫支出金 使用料・手数料 寄附金 分担金・負担金 起債 財産収入 その他 一般財源
計上額 7,600 0 0 0 0 0 0 0 7,600
保留 0 0 0 0 0 0 0 0 0
別途 0 0 0 0 0 0 0 0 0