現在の位置: 予算編成過程の公開 の 令和元年度予算 の 農林水産部の野菜主要品目の生産拡大と高品質生産技術の確立
平成31年度
当初予算 一般事業(公共事業以外)  一般事業要求      支出科目  款:農林水産業費 項:農業費 目:園芸試験場費
事業名:

野菜主要品目の生産拡大と高品質生産技術の確立

もどる  もどる
(この事業に対するご質問・ご意見はこちらにお寄せください)

農林水産部 園芸試験場 野菜研究室 

電話番号:0858-37-4211  E-mail:engeishiken@pref.tottori.lg.jp

  事業費(A) 人件費(B) トータルコスト
(A+B)
正職員 非常勤職員 臨時的任用職員
31年度当初予算額 4,229千円 33,340千円 37,569千円 4.2人 4.9人 0.0人
31年度当初予算要求額 4,229千円 33,340千円 37,569千円 4.2人 4.9人 0.0人
30年度当初予算額 4,333千円 32,575千円 36,908千円 4.1人 4.9人 0.0人

事業費

要求額:4,229千円  (前年度予算額 4,333千円)  財源:単県、その他(受託費) 

一般事業査定:計上   計上額:4,229千円

事業内容

概略説明

本県の野菜の主要品目の省力化技術の開発、施設(パイプハウス)栽培の高度利用と安定生産技術の確立、露地野菜の安定生産技術の確立、農家自身が実施可能な簡易土壌分析方法の確立を図る。

    対象野菜品目:スイカ、アスパラガス、ブロッコリー、キャベツ、ミニトマト、葉菜類、イチゴ

1.事業の必要性

(1)本県の野菜産地は、高齢化によって栽培面積、販売額は減少傾向であるが、近年施設栽培が増加傾向にあり、スイカの後作のミニトマト、ホウレンソウ等葉菜類等を組み合わせて雇用を活用した施設の高度利用を目指す動きになっている。
(2)スイカはつる引き作業の労力が栽培面積拡大の障害となっており、省力的な栽培方法が求められている。また、低温期の着果安定や高温期に品質の高い品種の選定が求められている。
(3)イチゴは本県の育成した品種「とっておき」は食味、輸送性に優れ、これまでの品種と同等の収量があり、平成28年以降県内で普及しつつあり、この品種の栽培方法の確立と増収技術が求められている。
(4)アスパラガスは県東部で栽培面積は拡大しているが、収量確保のための施肥方法、かん水方法の確立が求められている。
(5)適正な施肥と安定生産のため、農家自身が実施可能な土壌診断方法の確立が求められている。

2.試験の内容

小課題名
品目
主な研究内容
1 鳥取スイカの生産・消費拡大を目指す次世代栽培技術スイカ(1)省力栽培技術の確立
(2)ハウス・トンネルの安定生産技術の確立
(3)小玉・漬物スイカの栽培技術の確立
2 イチゴ新品種のブランド化と産地強化に向けた革新技術の開発イチゴ(1)「とっておき」栽培技術の確立
(2)省力・低コスト育苗法の確立
(3)新品種・系統の適応性検定
3 アスパラガスの産地拡大を目指した省力・安定栽培技術の確立アスパラガス(1)安定多収技術の確立
(2)省力栽培技術の確立
4 黒ボク地域における野菜の生産拡大と高品質生産技術の確立ブロッコリー(1)作型別適品種の選定
(2)出荷予測技術の確立
ミニトマト(1)単為結果性ミニトマトの栽培技術
(2)耐病性台木の増収技術
葉菜類(1)葉菜類の多収技術の確立
(2)施設の昇温抑制技術の確立
5 簡易・迅速土壌診断による野菜の適正施肥技術の確立簡易土壌診断(1)簡易土壌診断法の確立
(2)適正肥培管理の実証

3.これまでの成果

小課題名
主な成果
1 鳥取スイカの生産・消費拡大を目指す次世代栽培技術・無つる引き栽培により作業時間が短縮された。
・ハウス、トンネル栽培の適品種を選定中
2 イチゴ新品種のブランド化と産地強化に向けた革新技術の開発・育苗時の受苗時期と栽植密度を検討中
・EOD加温、EOD光照射の効果を確認した。
・「とっておき」が品種登録された。
3 アスパラガスの産地拡大を目指した省力・安定栽培技術の確立・かん水量と施肥管理方法を継続検討中
・「採りっきり栽培」を検討中
4 黒ボク地域における野菜の生産拡大と高品質生産技術の確立・ブロッコリーの作型別適品種を選定した。
・単為結果性ミニトマトの特性解明と栽培法を検討中
・葉菜類の品種選定と栽培方法を検討中
・石灰資材による昇温抑制効果と増収効果を確認した。
5 簡易・迅速土壌診断による野菜の適正施肥技術の確立・リン酸、加里の簡易土壌診断法をほぼ確立した。
・堆肥施用スイカの窒素施用基準を作成した。

4.平成31年度の試験内容

小課題名
内容
1 鳥取スイカの生産・消費拡大を目指す次世代栽培技術・新たな省力栽培法の検討
・有望品種の絞り込み
・高温抑制等安定生産の検討
2 イチゴ新品種のブランド化と産地強化に向けた革新技術の開発・「とっておき」栽培指針の作成
・多収のための光照射、炭酸ガス施用技術の確立
・育苗法による省力効果、収量の確認
・系統適応性検定試験
3 アスパラガスの産地拡大を目指した省力・安定栽培技術の確立・かん水量と施肥管理方法の継続検討
・「採りっきり栽培」の継続検討、補植技術の検討
4 黒ボク地域における野菜の生産拡大と高品質生産技術の確立・ブロッコリーの作型別適品種の検討
・単為結果性ミニトマトの特性解明と栽培法の継続検討
・葉菜類の品種選定と栽培方法の継続検討
・第70回全日本野菜品種審査会
ブロッコリー(夏まき年内どり)
5 簡易・迅速土壌診断による野菜の適正施肥技術の確立・リン酸、加里の簡易土壌診断法の現地での実用性の確認。
・ブロッコリー、ホウレンソウの窒素基準作成

5.予算要求内訳

内訳
要求額
(千円)
 旅費
302
 栽培資材・実験器具購入費
3,891
 通信運搬費
36
 合計
 4,229

6.試験実施期間

平成31〜35年

これまでの取組と成果

これまでの取組状況

1 鳥取スイカの生産・消費拡大を目指す次世代栽培技術
  ・無つる引き栽培法を確立し、新しい技術として今後普及する。

2 イチゴ新品種のブランド化と産地強化に向けた革新技術の開発
  ・新品種「とっておき」が品種登録され、栽培技術の確立に向けて試   験を実施している。
  ・EOD加温(日没後)により、燃料削減と増収効果を確認した。

3 アスパラガスの産地拡大を目指した省力・安定栽培技術の確立
  ・かん水量と施肥管理方法の継続検討
  ・1年間株を養成し、次年度に収穫する「採りっきり栽培」について継   続検討する。また、欠株に補植する技術について検討する。

4 黒ボク地域における野菜の生産拡大と高品質生産技術の確立
  ・ブロッコリーの作型別適品種について検討を行い、これまでに数    品種を適品種として情報提供した。今後も継続検討する。

5 簡易・迅速土壌診断による野菜の適正施肥技術の確立
  ・リン酸、カリの簡易土壌診断技術をほぼ確立し、今後現地での実   用性を検討する。

これまでの取組に対する評価

平成30年度 外部評価委員会議(事前評価)の結果
総合評点 12.7  判定 ◎
(評点9以上で試験実施)

評価委員の主な意見
・今まで経験的に判断していた土壌診断を定量的に見ることかでき、より効率よく施肥が可能、生産のコストダウンにつながると思います。
・研究成果に期待します
・簡易土壌成分の分析結果は農家農業だけでなく環境保全の面からも重要である。
・分析方法の確立とともに、その利用方法を広げていただきたい。
・大きな視点で土壌診断の仕組みを考えていただきたい

財政課処理欄


要求額の財源内訳(単位:千円)

区分 事業費 財源内訳
国庫支出金 使用料・手数料 寄附金 分担金・負担金 起債 財産収入 その他 一般財源
前年度予算 4,333 0 0 0 0 0 0 150 4,183
要求額 4,229 0 0 0 0 0 0 495 3,734

財政課使用欄(単位:千円)

区分 事業費 国庫支出金 使用料・手数料 寄附金 分担金・負担金 起債 財産収入 その他 一般財源
計上額 4,229 0 0 0 0 0 0 495 3,734
保留 0 0 0 0 0 0 0 0 0
別途 0 0 0 0 0 0 0 0 0