現在の位置: 予算編成過程の公開 の 令和元年度予算 の 農林水産部のとっとり林業金融事業
平成31年度
当初予算 一般事業(公共事業以外)  一般事業要求      支出科目  款:農林水産業費 項:林業費 目:森林組合指導費
事業名:

とっとり林業金融事業

もどる  もどる
(この事業に対するご質問・ご意見はこちらにお寄せください)

農林水産部 林政企画課 林政企画担当 

電話番号:0857-26-7300  E-mail:rinsei-kikaku@pref.tottori.lg.jp

  事業費(A) 人件費(B) トータルコスト
(A+B)
正職員 非常勤職員 臨時的任用職員
31年度当初予算額 268,231千円 4,763千円 272,994千円 0.6人 0.0人 0.0人
31年度当初予算要求額 268,231千円 4,763千円 272,994千円 0.6人 0.0人 0.0人
30年度当初予算額 279,089千円 4,767千円 283,856千円 0.6人 0.0人 0.0人

事業費

要求額:268,231千円  (前年度予算額 279,089千円)  財源:単県、その他 

一般事業査定:計上   計上額:268,231千円

事業内容

1 事業の目的・概要

木材の生産又は流通を担う事業者への円滑な事業運営と合理化を促進するため、必要な資金を低利で 融資する金融機関に対する原資の貸付金等である。

2 主な業務内容

○木材産業等高度化推進資金(266,502千円)

     【内訳】 
     貸付金:177,668千円(県⇒金融機関)
     償還金: 88,834千円(県⇒農林漁業信用基金)
          
    ○林業・木材産業改善資金助成事業特別会計への繰出金
     (1,168千円)
     林業・木材産業改善資金を取り扱う融資機関への事務費補助等に充てる経費の繰出金である。

    ○木材産業等高度化推進運営協議会開催費(11千円)
     木材産業等高度化推進資金制度の運用の基本方針、その他目的達成に必要な事項について協議する。

    ○標準事務費(550千円)
     ・農林漁業信用基金受託調査事業の実施。
     ・林業金融関係研修会等への参加。

3 予算比較

(単位:千円)
項目名
平成31年度

要求額

平成30年度

要求額

木材産業等高度化推進資金
266,502
277,404
林業・木材産業改善資金助成事業特別会計への繰出
1,168
1,124
木材産業等高度化推進運営協議会開催費
11
11
標準事務費
550
550
268,231
279,089

4 前年度からの増減理由

・木材産業等高度化推進資金の貸付対象事業者の減による減額

これまでの取組と成果

これまでの取組状況

・30年4月現在の合理化計画の認定件数は8件あり、認定事業者に対し、事業経営改善合理化資金(素材生産等促進資金)、構造改善合理化資金(木材高度加工資金)の貸付を実施している。

・運営協議会は27年度以降は該当案件なしのため開催していない。

これまでの取組に対する評価

・独立行政法人農林漁業信用基金からの原資の借受、金融機関への原資の貸付を適正に行い、木材産業等高度化推進資金を円滑に実行できている

財政課処理欄


要求額の財源内訳(単位:千円)

区分 事業費 財源内訳
国庫支出金 使用料・手数料 寄附金 分担金・負担金 起債 財産収入 その他 一般財源
前年度予算 279,089 0 0 0 0 0 0 277,904 1,185
要求額 268,231 0 0 0 0 0 0 267,002 1,229

財政課使用欄(単位:千円)

区分 事業費 国庫支出金 使用料・手数料 寄附金 分担金・負担金 起債 財産収入 その他 一般財源
計上額 268,231 0 0 0 0 0 0 267,002 1,229
保留 0 0 0 0 0 0 0 0 0
別途 0 0 0 0 0 0 0 0 0