現在の位置: 予算編成過程の公開 の 令和元年度予算 の 農林水産部のきのこ王国とっとり推進事業
平成31年度
当初予算 一般事業(公共事業以外)  一般事業要求      支出科目  款:農林水産業費 項:林業費 目:林業振興費
事業名:

きのこ王国とっとり推進事業

もどる  もどる
(この事業に対するご質問・ご意見はこちらにお寄せください)

農林水産部 県産材・林産振興課 − 

電話番号:0857-26-7264  E-mail:kensanzai-rinsan@pref.tottori.lg.jp

  事業費(A) 人件費(B) トータルコスト
(A+B)
正職員 非常勤職員 臨時的任用職員
31年度当初予算額 13,411千円 15,082千円 28,493千円 1.9人 0.1人 0.0人
31年度当初予算要求額 20,650千円 15,082千円 35,732千円 1.9人 0.1人 0.0人
30年度当初予算額 24,418千円 15,890千円 40,308千円 2.0人 0.1人 0.0人

事業費

要求額:20,650千円  (前年度予算額 24,418千円)  財源:単県 

一般事業査定:計上   計上額:13,411千円

事業内容

1 事業の目的・概要

鳥取県産原木しいたけ115号のトップブランドの「鳥取茸王」をはじめ、原木しいたけのブランド化を推進していくため、生産体制の整備、販売戦略の実施、原木の安定確保、生産者の育成・確保を支援する。

    ※クヌギ原木林緊急造成(果樹園跡地等有効利用)事業、薬用きのこ栽培実用化推進事業の補助事業を統合して実施

2 事業内容

(1)補助事業
(単位:千円)
区  分
事 業 内 容
事業実施主体
補 助 率
予算額
生産体制の整備栽培環境整備
【「鳥取茸王」緊急生産拡大支援事業を統合して実施】
「鳥取茸王ハウス」等の整備経費の支援生産者、生産者等
の団体
県:2/9以内
市町村:1/9以上
【変更前:県1/3、
「鳥取茸王」事業  県1/3、市町村1/6】
(2,296)
1,252
生産拡大
原木、種駒の調達経費
の支援
生産者、生産者等
の団体
県:
原木:25〜100円/本
種駒:0.6〜1.2円/駒
(8,213)
7,060
乾しいたけの安値補填乾しいたけの安値補填
経費の支援
全農鳥取県本部1/3以内
(3,824)
3,570
販路開拓・普及啓発販路開拓
【薬用きのこ栽培実用化推進事業を統合して実施】
原木しいたけ及び食用きのこ(無胞子性エリンギ、黒アラゲキクラゲ)の販路開拓、販促活動等の経費の支援生産者等の団体等1/2以内
(1,825)
1,525
とっとりきのこ祭り開催経費の支援(一財)日本きのこセンター定額
(1,000)
1,000
原木の
安定確保


作業道開設作業道開設経費の支援生産者等の団体、森林組合、素材生産業者、造林公社

1,000〜2,000円/m
(2,500)
3,665
機械導入・レンタル【廃止】機械整備・レンタル経費の支援1/3以内
(0)
-
自伐原木生産自伐原木生産研修経費の支援1/2以内
上限50千円
(66)
50
新規生産者施設整備乾燥機、スライサー導入経費の支援新規生産者(栽培歴5年以内)県:2/9以内
市町村:1/9以上
【変更前:県1/3以内】
(0)
440
生産基盤の整備
【きのこ王国とっとり推進事業に統合して実施】
「鳥取茸王」の生産量を確保するために生産グループ等が導入する「鳥取茸王ハウス」の新たな整備に要する経費の一部を助成する。「鳥取茸王」の生産に取り組むグループ等の団体県:1/3
市町村:1/6
[上限単価]
ハウス:6,800円/m2〜7,700円/m2
(2,540)
   -
小  計
(22,264)
18,562
クヌギ原木林緊急造成(果樹園跡地有効利用)
【きのこ王国とっとり推進事業に統合して実施】
計画作成果樹園跡地に係る集約化計画及びしいたけ生産に係るクヌギ原木の利用計画の作成に要する経費を支援する。
JA及び
森林組合
県:1/2
市町村:1/2
(150)
50
林地への転用果樹園跡地の鉄線・棚の撤去に要する経費を支援する。
土地所有者
県:4.5/10
市町村:4.5/10
(補助標準対象経費176千円)
(1,782)
436
クヌギ原木林の造成地拵え、植栽、下刈り作業など
土地所有者
森林づくり推進課[造林事業(9/10)]
により対応
小 計
(1,932)
486
合 計
(24,196)
19,048

2 事業内容続き

(2)委託事業
(単位:千円)
区  分
事 業 内 容
委 託 先
予算額
原木しいたけ新規生産講座原木しいたけ新規生産講座の開催(一財)
日本きのこセンター
(802)
802
「鳥取茸王」生産技術の習得
【「鳥取茸王」緊急生産拡大支援事業を統合して実施】
とっとり115ブランドにふさわしい高品質な原木生しいたけの「鳥取茸王」生産者の裾野を拡大するため、良質な生しいたけの生産に必要な技術の習得を図るための技術指導の実施(一財)
日本きのこセンター
(500)
500
(1,302)
1,302

    (3)その他(県実施分)
(単位:千円)
区  分
事 業 内 容
予算額
鳥取県しいたけ品評会負担金鳥取県しいたけ品評会のうち県主催分(表彰式)にかかる負担金
(300)
300
事務費
【廃止】
新規生産者との意見交換に要する特別旅費
(60)
-
生産技術の伝承
【廃止】
全農乾椎茸品評会上位入賞者の生産技術を後世に残し、他の生産者に広く普及し生産技術の向上を図るため研修会を開催
(60)
-
合  計
(420)
300

3 これまでの取組状況、改善点

○「きのこ王国とっとり」の実現に向けて、生産者、関係団体、県で「鳥取県きのこビション」を策定した。(平成26年3月11日)

    ○平成26年5月14日に「原木しいたけブランド化促進協議会」が発足し、ブランド化に向けて関係者の連携した取組(生産体制の確立、販売戦略の実施、原木の安定確保、生産者の育成・確保等)を行っている。

    ○協議会の取り組み内容
    ・規格 : 「鳥取茸王 金ラベル」、「鳥取茸王 銀ラベル」、「とっとり115」の3規格を決定
    ・生産技術 : 日本きのこセンターに委託し登録生産者に対して集中的に指導中
    ・流通 : 各JAを核とした集荷・共販体制の整備に向け検討中
    ・県内におけるPR : 毎年1月15日を、原木しいたけ「とっとり115の日」に制定し、県内の飲食店を巻き込んだ「とっとり115フェア」を開催してPR
    ・首都圏におけるPR : 日本橋三越本店、伊勢丹新宿店で定番販売することとなった初日やとっとり・おかやま新橋館において試食販売を実施してPR

これまでの取組と成果

これまでの取組状況

○鳥取県は、日本きのこセンターによる優れた技術指導体制および全農乾しいたけ品評会連続優勝を果たした高い生産技術力により、「のとてまり」に匹敵する原木しいたけブランドの創出が可能なポテンシャルを秘めている。
○そこで、平成26年3月には関係者一同によって、「鳥取県産原木しいたけのブランド化」を大きな柱とする「鳥取県きのこビジョン」が策定され、5月には「原木しいたけブランド化促進協議会」が設立された。
○この協議会により原木しいたけブランド化に向けた活動が実施されているところであり、ブランド化戦略として、生産体制の確立、販売戦略の実施、原木の安定確保、生産者の育成・確保等に取り組んでいる。
○H27.2月、この協議会で鳥取県産原木しいたけ115号ブランド化戦略(復活「鳥取茸王」、「準プレミアム規格」「とっとり115」)が承認された。
○H27.9月、原木しいたけ「とっとり115の日」の制定、準プレミアム規格の位置付け(鳥取茸王に次ぐ規格についても「鳥取茸王」の名称を用いて、「準プレミアム」としてランク分けする)。
○H27.10月、ブランド名称においては、鳥取茸王を「鳥取茸王(金ラベル)」、準プレミアム規格を「鳥取茸王(銀ラベル)」とすることを発表(10月3日開催の「とっとりきのこ祭り」)

○事業実施実績
■生産拡大本数
H23事業実施本数  32,000本
H24事業実施本数  38,000本
H25事業実施本数  46,000本
H26事業実施本数  30,300本(※緑プロ 155,267本)
H27事業実施本数  14,036本(※緑プロ 116,968本)
H28事業実施本数  14,370本(※緑プロ 135,399本)
H29事業実施本数 109,578本(※緑プロ事業終了) 
■新規生産講座修了者数 計261名(H17〜H29)
H23 17名
H24 15名
H25 15名
H26 17名
H27 18名
H28  33名
H29  21名
■機械整備
H23 乾燥機 5台 スライサー 1台
H24 乾燥機 2台 スライサー 3台
H25 乾燥機 1台 
H26 なし
H27 乾燥機 1台
H28 なし
H29 なし
■「鳥取茸王」ハウス整備
H28 21棟
H29 2棟

これまでの取組に対する評価

■新規生産者の増加
・修了者261名のうち113名が植菌を開始し、生産者仲間に加わった。
・異業種(建設業・コンサルタント業)から参入があった。
・30年度の受講者は16名であり、引き続き県民ニーズが高い。

■品質の向上
平成19、23、24、26、28年度の全農乾椎茸品評会で団体優勝に輝くなど品質は日本一。

■原木しいたけブランド化促進協議会で、規格、生産技術、流通の検討を行うとともに、原木しいたけ「とっとり115の日」の制定などPRを行いながら、ブランド化を推進中である。

■生産者・関係団体・消費者が一体となった県産原木しいたけの生産・消費を盛り上げる機運を醸成するため、高品質の生しいたけ(鳥取茸王)の生産技術の高度化を図るとともに、115号しいたけの魅力をPRする必要がある。

財政課処理欄


 実績を踏まえ、金額を精査しました。

要求額の財源内訳(単位:千円)

区分 事業費 財源内訳
国庫支出金 使用料・手数料 寄附金 分担金・負担金 起債 財産収入 その他 一般財源
前年度予算 24,418 0 0 0 0 0 0 0 24,418
要求額 20,650 0 0 0 0 0 0 0 20,650

財政課使用欄(単位:千円)

区分 事業費 国庫支出金 使用料・手数料 寄附金 分担金・負担金 起債 財産収入 その他 一般財源
計上額 13,411 0 0 0 0 0 0 0 13,411
保留 0 0 0 0 0 0 0 0 0
別途 0 0 0 0 0 0 0 0 0