現在の位置: 予算編成過程の公開 の 令和元年度予算 の 農林水産部のスマート林業推進事業
令和元年度
2月補正予算 一般事業(公共事業以外)  一般事業要求      支出科目  款:農林水産業費 項:林業費 目:林業振興費
事業名:

スマート林業推進事業

もどる  もどる
(この事業に対するご質問・ご意見はこちらにお寄せください)

農林水産部 林政企画課 林政企画担当 

電話番号:0857-26-7301  E-mail:rinsei-kikaku@pref.tottori.lg.jp

  事業費(A) 人件費(B) トータルコスト(A+B) 従事人役
現計予算額 26,033千円 0千円 26,033千円 0.0人
補正要求額 -11,443千円 0千円 -11,443千円 0.0人
14,590千円 0千円 14,590千円 0.0人

事業費

要求額:-11,443千円    財源:基金(森林環境譲与税) 

一般事業査定:計上   計上額:-11,443千円

事業内容

1 事業の目的・概要

○平成31年4月1日に施行された森林経営管理法に基づき、「新たな森林管理システム」がスタートする。

    〇このシステムは、市町村が、現状として経営管理の行われていない森林を抽出し、その森林が林業経営に適しているか判定した後、意欲と能力のある経営体に施業を集約化し、効率的な森林施業を進めていくものであり、精度の高い森林情報が求められる。
    〇このため、システムを円滑に進めるためには、地理空間情報やICT等の先端技術を活用し、「スマート林業」を実現することが有効であり、森林情報の森林クラウドシステムへの搭載やドローンの導入により、新たな森林管理システムの円滑な運用を推進する。
    ○併せて、県産材の流通において、川上(素材生産業者)から川中・川下(製材所・工務店等)までのサプライチェーンを繋ぎ、安定的に県産材を供給する体制を検討する。

2 内容

(単位:千円)
事業区分
補正前
補正
補正理由
施業履歴電子化及び搭載
林道台帳電子化及び搭載
22,422
△11,112
11,310
・施業履歴及び林道台帳電子化業務の入札執行残による減額補正
県産材需給情報システム検証事業
969
△331
638
・入札執行残による減額補正
合 計
23,391
△11,443
11,948

財政課処理欄


要求額の財源内訳(単位:千円)

区分 事業費 財源内訳
国庫支出金 使用料・手数料 寄附金 分担金・負担金 起債 財産収入 その他 一般財源
現計予算額 26,033 0 0 0 0 0 0 26,033 0
要求額 -11,443 0 0 0 0 0 0 -11,443 0

財政課使用欄(単位:千円)

区分 事業費 国庫支出金 使用料・手数料 寄附金 分担金・負担金 起債 財産収入 その他 一般財源
計上額 -11,443 0 0 0 0 0 0 -11,443 0
保留 0 0 0 0 0 0 0 0 0
別途 0 0 0 0 0 0 0 0 0