現在の位置: 予算編成過程の公開 の 令和元年度予算 の 農林水産部の県産牛乳のおいしさ評価試験
平成31年度
当初予算 一般事業(公共事業以外)  一般事業要求      支出科目  款:農林水産業費 項:畜産業費 目:畜産試験場費
事業名:

県産牛乳のおいしさ評価試験

もどる  もどる
(この事業に対するご質問・ご意見はこちらにお寄せください)

農林水産部 畜産試験場 酪農・飼料研究室 

電話番号:0858-55-1362  E-mail:chikusanshiken@pref.tottori.lg.jp

  事業費(A) 人件費(B) トータルコスト
(A+B)
正職員 非常勤職員 臨時的任用職員
31年度当初予算額 1,229千円 3,969千円 5,198千円 0.5人 0.0人 0.0人
31年度当初予算要求額 1,229千円 3,969千円 5,198千円 0.5人 0.0人 0.0人
30年度当初予算額 0千円 0千円 0千円 0.0人 0.0人 0.0人

事業費

要求額:1,229千円  (前年度予算額 0千円)  財源:単県 

一般事業査定:計上   計上額:1,229千円

事業内容

1 事業内容


     県産牛乳は生産現場の努力により全国トップレベルの乳質を保持し、消費者の評判も高いが、おいしさに関し、客観的な評価は明らかでない。このため、「おいしさ」に直結すると推察される「風味」等の科学的成分を調査することで、客観的に県産牛乳の「おいしさ」の特徴を明らかにし、その由来を生産段階に遡って究明することで、最終的に高品質でおいしい県産牛乳の増産につなげていく。

2 背景・目的

(1)鳥取県の酪農場の牛群検定加入率は全国一で、生産現場における管理が最も行き届いており、生乳品質はトップレベル(体細胞数は全国一の低さ)を誇っている。
(2)鳥取県で生産された生乳は、生産農場から工場までの搬入を短時間で行っているため、非常に鮮度の高い牛乳・乳製品を消費者に提供している。
(3)以上のような取組・体制から、県産牛乳・乳製品は安心・安全ブランドとして定着しつつある。
(4)客観的な評価により付加価値を高め、その成果を生産指導に活かすことにより、高品質な生乳生産体制の強化を図り、消費拡大や酪農経営の安定化を目指す。

3 試験内容


(1)県内産と県外産の市販牛乳を用い、味成分と香気成分の定性・定量評価及び官能評価試験を行い、県産牛乳の特徴を明らかにする。
(2)生乳生産から処理までの各段階(個体、農場、殺菌処理前の工場集合乳)と得られた特徴との関係を科学的に分析し、おいしい県産牛乳の生産に影響する要因(飼養管理、衛生管理)を明白にする。

4 期待される効果


(1)県産牛乳の「おいしさ」に関する特徴を明確にし、団体が生産指導で進めている生乳生産における独自認証制度をバックアップすることで、さらなる高品質な生乳生産につながる。
(2)高品質な生乳の増産と県産牛乳のおいしさを明らかにすることで県産牛乳の消費拡大や県内酪農家の所得向上、生産意欲の向上につながる。

5 試験期間

内容
H31
H32
H33
H34
(1)製品化された県内産と県外産牛乳の比較試験(おいしさに影響する項目を科学的に調査)
(2)製品化された県内産牛乳の遡り調査(生産段階まで遡りおいしさに影響する要素・要因を調査)
(3)県産牛乳のおいしさを客観的に評価

6 要求額内訳

・標準事務費:1,229千円

7 用語説明

(1)生乳:牛から搾ったままの何も手を加えない乳のこと。

    (2)牛乳:生乳そのものを加熱殺菌条件で殺菌したもの。殺菌方法や成分調整の有無により様々な名前で製品化されている。
    (3)牛群検定:酪農場に飼養されている全ての乳牛について血統と生涯の繁殖・産乳成績、乳成分等のデータをとること。
    (4)体細胞数:体細胞とは主に白血球や上皮細胞が脱落したもののことで、体細胞数が少ないことは健康で乳房炎が少なく安全な乳であることの指標となる。


財政課処理欄


要求額の財源内訳(単位:千円)

区分 事業費 財源内訳
国庫支出金 使用料・手数料 寄附金 分担金・負担金 起債 財産収入 その他 一般財源
前年度予算 0 0 0 0 0 0 0 0 0
要求額 1,229 0 0 0 0 0 0 0 1,229

財政課使用欄(単位:千円)

区分 事業費 国庫支出金 使用料・手数料 寄附金 分担金・負担金 起債 財産収入 その他 一般財源
計上額 1,229 0 0 0 0 0 0 0 1,229
保留 0 0 0 0 0 0 0 0 0
別途 0 0 0 0 0 0 0 0 0