現在の位置: 予算編成過程の公開 の 令和元年度予算 の 農林水産部の木づかいの国とっとり木育推進・県産材需要拡大実践事業
平成31年度
当初予算 一般事業(公共事業以外)  一般事業要求      支出科目  款:農林水産業費 項:林業費 目:林業振興費
事業名:

木づかいの国とっとり木育推進・県産材需要拡大実践事業

もどる  もどる
(この事業に対するご質問・ご意見はこちらにお寄せください)

農林水産部 県産材・林産振興課 − 

電話番号:0857-26-7307  E-mail:kensanzai-rinsan@pref.tottori.lg.jp

  事業費(A) 人件費(B) トータルコスト
(A+B)
正職員 非常勤職員 臨時的任用職員
31年度当初予算額 5,267千円 13,495千円 18,762千円 1.7人 0.0人 0.0人
31年度当初予算要求額 10,465千円 13,495千円 23,960千円 1.7人 0.0人 0.0人
30年度当初予算額 9,210千円 11,124千円 20,334千円 1.4人 0.0人 0.0人

事業費

要求額:10,465千円  (前年度予算額 9,210千円)  財源:国1/2、県単 

一般事業査定:計上   計上額:5,267千円

事業内容

1 事業の目的・概要

 県産材の活用による地方創生を進めるため、森林・林業・木材産業関係者と一丸となって、「木づかいの国とっとり」を強力に推進するとともに、木にふれることで木の良さやその利用の意義を学ぶ「木育」に取り組む。

2 主な事業内容

(1)「木づかいの国とっとり」推進プロジェクト

(単位:千円)
区 分
事 業 内 容
予算額
木材の地産地消の普及啓発

【拡充】
<県が中心となって県産材にかかる情報発信を行う>

・平成29年4月に壁倍率の国土交通大臣の認定を受けたスギ厚板耐力壁の技術講習会の開催【新規】
 開催回数2回

・CLT活用促進を図るために、関係者を対象に鳥取県CLT活用勉強会の開催【新規】

・各勉強会の周知
 新聞広告 1回【新規】

・平成31年3月開催される日本木材学会鳥取大会に伴う県産PRイベントの開催【新規】

・中規模木造建築勉強会の開催
1,588
(101)
<関係団体と連携して県産材にかかる情報発信を行う>

・県産材PRイベントの支援(補助)
【新規】
140
(0)
県外の大消費地への販路開拓県産材製品のPR
・既存作成カタログの拡充及び増刷
462
(453)
・県外に向けた県産材(製材品・家具等)の需要拡大の取組を支援。
事業主体:県内の木材製材業者、木製品生産者等 
 補助率:1/2(上限500千円)
【新規】
2,500
(0)
「木づかいの国とっとりを実現する会」の事務局運営「木づかいの国とっとり」を具現化するための課題・解決策の検討を行う。
・協議会等の開催
72
(72)
合  計
4,762
(626)
(2)県産材を活用した木製ベンチ等の県民への貸出業務
     イベントなどの場で県産材の良さをPRするため、県産材を活用した木製ベンチ・木製テントの県民への貸出を行う。
(単位:千円)
事 業 内 容
予算額
委託先
木製ベンチ及び木製テントの県民への貸出及び軽微な修繕
440
(480)
とっとり出合いの森指定管理者(株式会社谷尾樹楽園)
(3)とっとり木育事業
    県内の森林資源が充実しつつある中、県民の方の「木を使って森を育てる」という意識を育てていくために、木の良さやその利用の意義を学ぶ「木育」に取組む。

    (ア)木育の普及(実施主体:県)
(単位:千円)
区分
事業内容
予算額
木育広場の管理・点検業務木育広場の点検や修繕等の管理業務を民間団体に委託
 547
(4,200)
首都圏での県産材・木育PRイベントの実施東京で開催される木材関連イベントに出展し、「県産材・木育PRイベント」を実施
2,045
(2,000)
木育等推進研究会の開催新たな県産材おもちゃ等の開発と今後の木育の展開方策について検討する「鳥取県木育等推進研究会」を開催する
271
(304)
県産材おもちゃの貸出事業

県産材おもちゃ(2セット)の管理・貸出し業務を民間団体に委託
760
(500)
【新規】新しい県産材おもちゃの製作木育等推進研究会で検討した新しい県産材おもちゃを製作する
564
(0)
【新規】木育イベントの開催県内の木育団体や木育指導者のネットワーク形成を目的としたイベントの開催
276
(0)
合計
4,463
(7,004)

    (イ)木育推進事業(実施主体:市町村・団体等、補助率:1/3、1/2)
     (単位:千円)
    区分
    事業内容
    予算額
    木育スタート事業

    新生児等へ県産材記念品を贈呈する市町村や団体の取組等への支援
    800
    (1,100)
    【拡充】木育活動支援事業木のおもちゃ等に触れながら木の良さや働きについて学び、指導者を育成する取組
    【拡充】
    ・補助率を1/2に拡充する(現行1/3)
    ・継続利用を可能にする。
    【見直し】
    ・上記の拡充に合わせて補助対象事業費の上限を引き下げる(800千円→400千円)

3 これまでの取組状況・課題

【「木づかいの国とっとり」推進プロジェクト】
 森林・林業・木材産業・設計・建設業の民間団体と県が連携して、県産材利用を進める上での課題及びその解決策を検討し、取組を進める「木づかいの国とっとりを実現する会」が平成28年6月30日に組織化された。

 県産材のPRについては、平成28年度に作成した県産木製品カタログを拡充・増刷し、引き続き、県内外の消費者へPRするとともに、木づかいの国とっとりを実現する会が中心となって行う県産材PRイベントの開催を支援し、県産材の情報発信を行う必要がある。

 また、林業試験場の新たな技術や県内製材品の活用を図るための講習会等を開催し、県産材の利用拡大につなげる。

【とっとり木育事業】
 県内の森林資源が充実しつつある中、県民の「木を使って森を育てる」という意識を育てていく必要がある。

 本県では「子育て王国とっとり」として、子育て支援に関する施策を進めており、子どもたちの健全な成長に寄与し、木の良さやその利用の意義を学ぶ「木育」に取り組むことは有効。

 主にこれまであまり木と触れ合うことがなかった未就学児を対象にした木育に取り組むとともに、保護者も木に触れる・学ぶ機会を提供する。

 人・もの・情報等が集中する東京において、「県産材・木育PRイベント」を実施し、「木育広場」とあわせて県産材製品の展示や移住に関する情報提供コーナー、観光PRコーナー等を設置し、「木育」を通じて県産材製品のPR、移住定住や観光客誘致促進につなげる取組を推進する。

 県としては平成26年度から木育を推進してきたが、木育に取組む民間団体が少ないのが課題であり、木育を行う指導者の育成や木育に取組む団体や指導者のネットワーク形成が課題となっている。

4 前年度からの変更点

「木づかいの国とっとり」推進プロジェクトで次の内容を新たに実施する
      ・スギ厚板耐力壁の技術講習会の開催
      ・CLT活用勉強会の開催
      ・日本木材学会鳥取大会に伴う県産PRイベントの開催
      ・県産材PRイベントの支援(補助)
      ・県外に向けた県産材の需要拡大の取組を支援(補助)
    〇とっとり木育事業で次の内容を新たに実施する
      ・新しい県産材おもちゃの製作
      ・木育イベントの開催


財政課処理欄


 新規要求は要求理由、要求内容の熟度が足りず、必要性が感じられません。

要求額の財源内訳(単位:千円)

区分 事業費 財源内訳
国庫支出金 使用料・手数料 寄附金 分担金・負担金 起債 財産収入 その他 一般財源
前年度予算 9,210 705 0 0 0 0 0 0 8,505
要求額 10,465 430 0 0 0 0 0 0 10,035

財政課使用欄(単位:千円)

区分 事業費 国庫支出金 使用料・手数料 寄附金 分担金・負担金 起債 財産収入 その他 一般財源
計上額 5,267 334 0 0 0 0 0 0 4,933
保留 0 0 0 0 0 0 0 0 0
別途 0 0 0 0 0 0 0 0 0