現在の位置: 予算編成過程の公開 の 令和元年度予算 の 農林水産部の市場競争力のある鳥取オンリーワン園芸新品種の育成
平成31年度
当初予算 一般事業(公共事業以外)  一般事業要求      支出科目  款:農林水産業費 項:農業費 目:園芸試験場費
事業名:

市場競争力のある鳥取オンリーワン園芸新品種の育成

もどる  もどる
(この事業に対するご質問・ご意見はこちらにお寄せください)

農林水産部 園芸試験場 花き研究室 

電話番号:0858-37-4211  E-mail:engeishiken@pref.tottori.lg.jp

  事業費(A) 人件費(B) トータルコスト
(A+B)
正職員 非常勤職員 臨時的任用職員
31年度当初予算額 8,683千円 38,896千円 47,579千円 4.9人 4.8人 0.0人
31年度当初予算要求額 8,683千円 38,896千円 47,579千円 4.9人 4.8人 0.0人
30年度当初予算額 8,767千円 39,726千円 48,493千円 5.0人 4.8人 0.0人

事業費

要求額:8,683千円  (前年度予算額 8,767千円)  財源:単県 

一般事業査定:計上   計上額:8,683千円

事業内容

概略説明

・本県特産の園芸作物は産地間競争が激化するなか、独自品種による高品質・生産安定が急務となっている。そこで、本県産園芸作物のブランドアップと、栽培が簡素化できる独自の優良品種を育成し、生産者所得の向上と鳥取県園芸の発展に資する。

・品種育成のさらなる効率化を図るため、H31年度より「砂丘地における特産野菜の新品種の育成」(3,041千円)本課題(5,726千円)に加え、一体的に新品種育成に取り組むこととした。

1.事業の必要性

(1)食の多様化が進む中、消費者は園芸作物に「食味」や「香り」、「安全性」のほかに「機能性」を求めている。
(2)生産者は有利販売と生産性向上ために「鳥取の顔となる品種」、「他のどこにもない品種」、「作りやすく儲かる品種」を求めている。
(3)消費者、生産者ニーズの両方に応え、また本県の園芸作物をブランド化するため、独自の優良品種育成が必要である。産地間競争激化の中にあって、独自ブランドの育成が急がれる。
(4)あらゆる地域で育種は進んでおり、鳥取県にしかない園芸品種は本県で育成する必要がある。
(5)これまでの育種資源を有効に活用し、早期に新品種を育成する必要がある。

2.事業の内容とH31年の試験内容

ナシ
事業の内容
・有望系統の特性調査
これまでの
成果
・平成19年〜21年に「なつひめ」、「新甘泉」等7品種を品種登録した。平成29年末には新品種の植栽面積は195haとなっている。
H31年の試験・引き続き、交配による系統育成と優良系統の特性調査を行い選抜を進める。
カキ
事業の内容
・西村早生、伊豆に代わる優良な早生甘カキ品種の育成
これまでの
成果
・早生の甘柿「輝太郎」が品種登録となった(平成22年3月)。
・平成29年には26系統の調査を行った結果、食味がやや優れる系統が6系統見られたが、小玉や生理障害も多く、引き続き調査を行う。
H31年の試験・引き続き特性調査を行い、選抜をすすめる。
・平成28年に交雑を行った種子を播種し、H29年に発芽したものを育成しており、今後高接ぎを行い結実後果実調査を行う。
・「輝太郎」を親とした新たな交雑育種の実施。
ブドウ
事業の内容
・種無し、高糖度、盆前出荷可能品種の育成
これまでの
成果
・果皮が黄緑色、糖度18度以上、果粒重が10g以上の優良系統が4系統得られ、H25年3月に各系統を圃場に植え付けた。
・また、4系統の中で果実品質が良好であった1系統を平成28年5月、無加温ハウスの台木(テレキ5BB)に緑枝接ぎし、樹冠(注 拡大を進めている。
H31年の試験引き続き、地植え栽培(系統)及び無加温ハウス栽培(1系統)での特性調査を行い選抜をすすめる。
イチゴ
事業の内容
・冬季寡日照条件下で高糖度、早生多収品種の育成
これまでの
成果
・開花が早く、収量性が優れ、食味の良好な1系統を「とっておき」として品種登録申請。平成30年10月に品種登録された。
・平成28年度に23戸で栽培を開始。農家数、栽培面積が増加しつつある。
H31年の試験・昨年までに交雑育成された系統の再選抜を実施。新たに交配を行い、順次、選抜を進める。
スイカ(台木)
事業の内容
・黒点根腐病および つる割耐病性台木育成
・育成系統の実用性検定
これまでの
成果
・つる割れ耐病性選抜系統「どんなもん台」が品種登録され、県内スイカ産地に導入された。
・つる割病、黒点根腐病に耐性が認められる系統を選抜した。
H31年の試験・交配による系統育成、選抜を引き続き行うとともに、つる割病耐病性で選抜した系統の黒点根腐病耐病性を検定する。
シバ
事業の内容
・耐病性で生育が旺盛なコウライシバ品種の育成
これまでの
成果
・ノシバ「グリーンバードJ」が品種登録され(平成25年2月)、現在25haで栽培されている。
・コウライシバは、生育が旺盛な5系統について現地特性を調査中。その中から、初冬でも葉色が濃い系統と、株張りが早い系統が有望と判断した。
H31年の試験耐病性系統の評価と現地生育特性の年次調査を行う。
実付き枝物
事業の内容
・枝姿が優れ、実数が多く、本県で確立した樹形管理で多収となる品種の育成
これまでの
成果
ツルウメモドキ・・・病気に強く、実が大きく実数が多く、早熟な系統を有望と認め、品種登録に向けて準備中。
サルトリイバラ・・・県内自生種の中から、棘が極めて少なく、実が大きく、実数が多い系統を選抜した。
H31年の試験ツルウメモドキ・・・品種登録に必要な経年特性を継続調査する。
サルトリイバラ・・・生育特性を調査し、高接ぎなど圃場での増殖法を検討する。
リンドウ
事業の内容
・頂花の着色が良く、6月から盆前(8月上旬)に咲く新品種の育成
・ボリュームのある三倍体の育成
これまでの
成果
・頂花の着色が良好で、6月下旬から7月上旬に開花する極早生系統を育成し、現地栽培試験を実施中。
・切り花が長く、ボリュームのある三倍体を作出し、挿し木による増殖試験を実施中。
H31年の試験・極早生系統の現地特性検定と採種。
・極早生三倍体の生育特性調査と挿し木による増殖法の確立。
ユリ
事業の内容
・秋冬出荷作型に適した新品種の育成(シンテッポウユリ)
・球根養成期間の短い小球開花性新品種の育成(小球開花性ユリ)
これまでの
成果
・電照なしで年内出荷率が高い有望系統を選抜した(シンテッポウユリ)。
・球根養成期間が従来の1/3で開花する、小輪で黄花の‘鳥鱗1号’をH29に品種登録申請した。
H31年の試験・有望系統の現地栽培試験に向けた種子増殖を行う(シンテッポウユリ)。
・‘鳥鱗1号’に次ぐ新たな花色系統の育成・選抜を行う(小球開花性ユリ)
ラッキョウ
事業の内容
・乾腐病・灰色かび病等に強く、収量性が高く、早期に完熟する早生品種の育成
これまでの
成果
・乾腐病耐病性系統を、T系統(北条向き)から3系統、F系統(福部向き)から2系統選抜
・灰色かび病耐病性系統を5系統選抜
H31年の試験・選抜した系統の特性調査を継続
ナガイモ
事業の内容
・‘ねばりっ娘’と同様に強い粘りをもち、食味に優れ、種芋の育成が容易な品種の育成
これまでの
成果
・‘ねばりっ娘’より食味が良く、種芋の育成が容易な‘1u61’を有望系統として選抜
・有望系統‘1u61’について現地試験を開始した
H31年の試験・収量等の年次変動の確認
・現地圃場での適応性検定を行う
白ネギ
事業の内容
・5月の抽台発生時期に出荷が可能な品質の高い坊主不知を育成
これまでの
成果
・在来の坊主不知系統の自殖5系統440個体、交雑4系統209個体を選抜した。
H31年の試験・抽台性、分げつ性を調査しながら選抜を行い、評価を継続する。

    注)樹冠 : 枝や葉の茂っている部分


    (1)事業対象者
    県内の園芸農家
    ナシ(1,290ha、県内全域)、カキ(153ha、県内全域)、ブドウ(70ha、県内全域)
    イチゴ(7ha、湯梨浜町、倉吉市)、スイカ(280ha、北栄町、倉吉市他)
    シバ(760ha、琴浦町、北栄町、大山町)、実つき枝物(30戸、10ha、鳥取市、智頭町、大山町)
    ユリ(1.3ha、北栄町、鳥取市)、リンドウ(0.2ha 智頭町、船岡町)、ラッキョウ(300戸、203ha、湯梨浜町、北栄町、鳥取市、米子市)、ナガイモ(150戸、33ha 北栄町)、白ネギ(390ha、県下全域)

3.事業の効果

(1)良食味、新キャラクター高単価、高付加価値化、ブランド化
目標糖度 ブドウ18度以上、イチゴ12度
(2)耐病性品種の育成:防除回数の削減→低コスト化(シバ;10a当たり55,000円減)
(3)機能性の付加新規需要開拓
(4)多収性増収増益 (イチゴ、実つき枝物 50%増収)
(5)高品質・多収性→周年出荷体系・ブランド力の強化
(6)球根養成期間の短縮→種苗費の低減(ユリ)→増収
(7)種苗の増殖性向上→早期普及(ナガイモ‘ねばりっ娘’より増殖が容易な新品種)
(8)5月出荷の白ネギの品質向上→増収

4.H31年度要求額内訳

内訳
要求額
委託料
190  
栽培資材費、実験用器具・試薬 等
7,398  
普通旅費
706  
役務費
309  
賃借料 
80  
合計
8,683  

5.試験実施期間

事業実施期間:平成28年度〜32年度
試験内容
事業費
ナシ
カキ
ブドウ
イチゴ
スイカ
シバ
枝物
リンドウシンテッポウユリ小球開花ユリラッキョウナガイモ
白ネギ
30
選抜
特性調査
特性調査
選抜
耐病固定
選抜
選抜
特性調査
選抜
選抜
選抜
特性調査
特性調査
8,767
31
選抜
特性調査
特性調査
選抜
耐病固定
選抜
特性調査
特性調査
特性調査
選抜
選抜
特性調査
特性調査
8,683
 ↓ ↓
32
特性調査
特性調査
特性調査
特性調査
特性調査
特性調査
特性調査
特性調査
特性調査
特性調査
特性調査
特性調査
特性調査
8,683
 ↓ ↓
33
特性調査
特性調査
特性調査
特性調査
特性調査
特性調査
ツルウメ申請
極早生申請
特性調査
特性調査
特性調査
特性調査
特性調査
8,683
 ↓ ↓
34
特性調査
特性調査
特性調査
特性調査
品種申請
品種申請
サルトリ申請
特性調査
品種申請
特性調査
特性調査
品種申請
特性調査
8,683
35
特性調査
特性調査
特性調査
特性調査
早生申請
品種申請
特性調査
特性調査
8,683
※「地方創生推進交付金充当」

これまでの取組と成果

これまでの取組状況

<目標>
特徴ある鳥取オリジナル品種の育成・消費者、生産者ニーズに応え、本県の園芸作物をブランド化する独自の優良品種を育成する。

<取り組みの内容>
・ナシ有望系統の選抜・西村早生、伊豆に代わる優良な早生甘カキ品種の育成
・皮ごと食べられる盆前出荷ブドウ品種の育成・高糖度、早生多収イチゴ品種の育成・つる割病および黒点根腐病耐病性スイカ台木の育成
・耐病性で生育が旺盛なノシバおよびコウライシバ品種の育成・枝姿が優れ、実数が多く、本県で確立した樹形管理で多収となる「実つき枝物」品種の育成
・頂花がきれいに着色し、6月から盆前に咲くリンドウ品種の育成
・花が大きくボリュームのある三倍体リンドウの育成
・秋冬出荷作型に適したシンテッポウユリ品種の育成
・球根養成期間の短い小球開花性ユリ品種の育成
・乾腐病、灰色かび病等に強く、収量性が高いラッキョウ新系統の育成
・粘りが強く、食味が良好で、種芋の育成が容易なナガイモ新系統の育成
・抽台せず、5月に出荷できる品質の高い坊主不知の育成

<現時点における達成度>
これまで、以下の品種を登録申請した。  
ナシ・・・・・・青ナシ「なつひめ」(H18年)、「夏さやか」、「夏そよか」、「えみり」、「涼月」(H19年)、赤ナシ「新甘泉」(H19 年)、「秋甘泉」(H20年)
カキ・・・・・・早生甘ガキ「輝太郎」(H20年)  
イチゴ・・・・・「とっておき」(H28年)  
スイカ・・・・・つる割れ耐病性台木「どんなもん台」(H19年)  
シバ・・・・・・ノシバ「グリーンバードJ」(H20年)  
実つき枝物・・ツルウメモドキ(申請準備中)、 
ユリ・・・・・・小球開花性ユリ「鳥鱗1号」(H29申請)
ラッキョウ・乾腐病耐病性品種「レジスタファイブ」(H30)

これまでの取組に対する評価

<H28年度の外部評価(中間)の結果>     
評点:12.7 判定:◎(評点9未満は試験を中止すべき)
(1)委員の主な意見・これまでの成果と課題が明確になっている。本県の基幹。継続した調査研究に期待する。
・全体的に結果が出ている。

<改善点>
・ナシ・・・・優良系統で高接ぎ予定樹を選抜する。
・カキ・・・・育種系統の特性調査を行い、選抜をすすめる。
・ブドウ・・・特性調査を行い選抜をすすめる。
・イチゴ・・・有望系統に適した栽培方法を検討するとともに、新たに交配を進め特性検定による選抜を行う。
・スイカ・・・交配による系統育成、選抜を引き続き行うとともに、つる割れ病以外の土壌病害耐性についても検討する。
・ノシバ、コウライシバ・・・耐病性系統の評価と現地生育特性の年次調査を行う。
・実つき枝物・・・現地生育特性調査を行う(ツルウメモドキ)。優良系統の圃場での増殖法(高接ぎ繁殖など)を確立する(サルトリイバラ)。
・リンドウ・・・極早生系統の現地特性評価を行うとともに、早生及び中生系統の交配検定及び特性調査を行う。三倍体の特性調査と挿し木による増殖法の確立。
・ユリ・・・・有望系統の現地栽培試験に向けた種子増殖を行う。多輪品種を導入して輪数の増加を図る(シンテッポウユリ)‘鳥鱗1号’は秋(彼岸)出荷作型での採花率が20〜90%と年次変動が大きいため、採花率向上のための秋出荷
栽培法の確立を行うとともに、新たな花色の系統の育成によりシリーズ化を図る(小球開花性ユリ)。
・ラッキョウ・・・・育成系統の特性調査を行い、選抜を進める。
・ナガイモ・・・・収量等の年次変動を調査するとともに、現地圃場での特性検定を行う。
・坊主不知・・・・育成系統の特性調査を行い、選抜を進める。

工程表との関連

関連する政策内容

オリジナル品種・高付加価値化技術開発

関連する政策目標

交雑育種・系統育種・優良系統の特性調査


財政課処理欄


要求額の財源内訳(単位:千円)

区分 事業費 財源内訳
国庫支出金 使用料・手数料 寄附金 分担金・負担金 起債 財産収入 その他 一般財源
前年度予算 8,767 790 0 0 0 0 0 0 7,977
要求額 8,683 0 0 0 0 0 0 900 7,783

財政課使用欄(単位:千円)

区分 事業費 国庫支出金 使用料・手数料 寄附金 分担金・負担金 起債 財産収入 その他 一般財源
計上額 8,683 0 0 0 0 0 0 900 7,783
保留 0 0 0 0 0 0 0 0 0
別途 0 0 0 0 0 0 0 0 0