現在の位置: 予算編成過程の公開 の 令和元年度予算 の 農林水産部の粗飼料生産利用向上事業
平成31年度
当初予算 一般事業(公共事業以外)  一般事業要求      支出科目  款:農林水産業費 項:畜産業費 目:畜産試験場費
事業名:

粗飼料生産利用向上事業

もどる  もどる
(この事業に対するご質問・ご意見はこちらにお寄せください)

農林水産部 畜産試験場 酪農・飼料研究室 

電話番号:0858-55-1362  E-mail:chikusanshiken@pref.tottori.lg.jp

  事業費(A) 人件費(B) トータルコスト
(A+B)
正職員 非常勤職員 臨時的任用職員
31年度当初予算額 10,499千円 15,876千円 26,375千円 2.0人 1.4人 0.0人
31年度当初予算要求額 14,860千円 15,876千円 30,736千円 2.0人 1.4人 0.0人
30年度当初予算額 11,211千円 8,740千円 19,951千円 2.0人 1.4人 0.0人

事業費

要求額:14,860千円  (前年度予算額 11,211千円)  財源:単県、財産収入、手数料 

一般事業査定:計上   計上額:10,499千円

事業内容

1 概略説明

昨年度まで一般事業要求していた下記の3事業を整理統合し、「粗飼料生産利用向上事業」に一本化した。

    (1)粗飼料増産のための優良品種選定試験
    県内の自給飼料増産・品質向上を図るため、どの流通品種が鳥取県の気候に適し、安定した収量が期待できるかを栽培試験し、農家が品種選定する際の基礎資料とする。
    (2)飼料分析を活用した給与技術向上支援事業
    増加する産乳量とともに高度化している乳牛の飼養管理技術に対応するため、飼料の成分を分析し、自給飼料生産技術や牛の疾病予防も含めた飼料給与技術の向上を図る。
    (3)粗飼料生産事業
    畜産試験場の供試牛に給与する自給粗飼料の生産を行う。

2 背景・目的

畜産経営において、生産費の中で最も大きな割合を占めるのは飼料費である。家畜の健康を維持しながらこの飼料費をいかに低減させるかが優良経営への重要なポイントであるため、飼料の生産から利用に至る一連の技術向上に関する支援を行う。また、消費者の側に立った安心・安全な畜産物生産を目指す。
(1)粗飼料増産のための優良品種選定試験
より生産性の高い飼料作物の品種選定を行い、農家への普及推進を図る。
(2)飼料分析を活用した給与技術向上支援事業
生産または購入した飼料をより効率的に畜産物(肉、生乳)生産につなげるよう技術支援を行い、家畜の健康維持と飼料費低減の両立を図る。
(3)粗飼料生産事業
畜産試験場内で飼養している試験供試牛の健康を維持しつつ、購入飼料費の低減に努めるため、試験場内の飼料畑で牧草栽培を行うもの。鳥取県が推奨する土地利用型畜産を実践・普及を目指す。

3 事業内容

(1)粗飼料増産のための優良品種選定試験
鳥取県の自給飼料生産体系は、夏作:トウモロコシ、冬作:イタリアンライグラスが中心であり、県としても推奨している。
この2作目について、県内に流通している品種の中から有望な品種を比較栽培し、試験成績を農家へ公表する。
また、近年の温暖化に対応するため、これまで鳥取県では栽培事例がほとんどない暖地型牧草の試験栽培を新たに実施する。
試験作目
試験品種数
試験方法
    トウモロコシ
3年反復法
    イタリアンライグラス
3年反復法
    暖地型牧草
3年反復法

(2)飼料分析を活用した給与技術向上支援事業
ア、飼料の栄養成分やサイレージの品質、ミネラル含量を分析し、適正な給与方法や自給飼料の栽培方法等について農家に指導する。
イ、依頼分析対応にとどまらず、今年度からは新たに積極的に現場支援を展開し、飼料給与改善とそれに伴う飼料分析の重要性について啓発する。
ウ、近赤外分析計を使った飼料用稲の糖含量推定について新たに取り組み、飼料用稲の糖含量が最も高くなる時期を特定、適期収穫による高品質化を図る。
(3)粗飼料生産事業
ア、場内10.6haの圃場で飼料作物の栽培を行い、主にサイレージとして貯蔵・利用する。(春作:トウモロコシ4.9ha、冬作:イタリアンライグラス10.6ha)
イ、使用する品種は、「粗飼料増産のための優良品種選定試験」 の結果を参考に決定。
ウ、肥料や除草剤の効果など、より効率的な肥培管理方法について検証し、結果を積極的に情報発信する。
エ、粗飼料生産に関わる作業については、高能力種雄牛の飼育 管理や採精作業の増加により現場職員の作業量が増し、作業人員の確保が困難となっているため、作業全般を外部委託で対応する。
○トウモロコシの播種・収穫は「大山ビューコントラクター組合」に作業を委託(委託費:1,634千円)。
○イタリアンライグラスの播種・収穫は「萩原コントラクター組合」に業を委託(委託費:3,411千円)。
【用語説明】
粗飼料:牧草や飼料作物(トウモロコシなど)を示し、繊維質を多く 含む。
サイレージ :生の牧草やトウモロコシを乳酸発酵させて長期間保存可能にした飼料。

4 期待される効果

(1)粗飼料増産のための優良品種選定試験
ア、安定かつ高収量の自給飼料生産が可能となり、生産コスト 
の低減が期待できる。
イ、飼料作物の作付け面積が増加することで、堆肥の循環促進と荒廃地対策につながる。
ウ、自給飼料で家畜を飼うことで、安心・安全な畜産物(牛乳・ 肉)生産につながる。
エ、農家の自給粗飼料栽培意欲を高めるとともに、草種・品種の選択の幅を増やすことができる。
(2)飼料分析を活用した給与技術向上支援事業
ア、飼料の品質や栄養価が明らかになるため、牛の健康管理と生産性の向上を両立できる。また、自給飼料の品質や栄養価を把握することで、栽培管理の問題点が明らかになり、生産技術の改善が進む。
イ、現状での飼料給与上の課題を明確化し改善方針を決定す過程を積極的に支援。こうした改善事例を増やすことで県全体の技術レベルの底上げを図る。
ウ、県内で広く生産されている飼料用稲の高品質化により、生産性向上(牛乳生産、和子牛生産)につながる。
(3)粗飼料生産事業
ア、供試牛にかかる飼料経費の抑制が図られる。
イ、場内で発生する家畜排せつ物の処理費用抑制。
ウ、試験場で試験した優良品種を大面積で栽培することで、より実態に近い情報(収量性、生育状況など)が得られ、生産現場での有効な情報発信が可能となる。
エ、試験場内での肥培管理や生育状況等が農家指導に役立つので、自給粗飼料を基盤とした畜産経営の推進に貢献できる。

5 農家が望むもの

(1)より効果的な肥培管理方法の最新情報。
(2)収量性のある高品質な品種情報。
(3)生産性の維持向上と飼料費低減の両立技術。
(4)生育状況や刈取り時期等に関する情報。

6 要求額の内訳

(1)粗飼料増産のための優良品種選定試験
項目
金額(千円)
需用費
(種子代、肥料・農薬代、その他資材)
61
合計
61

(2)飼料分析を活用した給与技術向上支援事業
項目
金額(千円)
需用費
(消耗品費、修繕費)
 625
備品購入費
(分光光度計、繊維抽出装置)
4,361
合計
4,986

(3)粗飼料生産事業
項目
金額(千円)
委託費
(粗飼料生産作業委託費)
5,045
需用費
(種子、農薬・肥料、機械修繕等)
4,768
合計
9,813

これまでの取組と成果

これまでの取組状況

(1)粗飼料増産のための優良品種選定試験
29年度試験品種数
トウモロコシ:5品種、イタリアンライグラス:5品種
○うち試験終了品種数 
トウモロコシ:3品種、タリアンライグラス:2品種
○当該単年度の試験成績及び3カ年の試験期間の通算試験成績についてホームページ、団体機関誌等により情報を公開。
○H30年5月29日に県奨励品種選定会議にてトウモロコシ3品種、イタリアンライグラス2品種を県奨励品種に選定した。
(2)飼料分析を活用した給与技術向上支援事業
○依頼分析件数の推移
H26:628、H27:551、H28:376、H29:600
H30:344(10月時点実績)
○自給粗飼料の分析結果については、肥培管理や収穫時時期などの技術改善について農家や指導機関に対し指導・助言を実施。
○TMR分析については、農家や指導機関に対し成分バランスや乳牛への影響等について指摘、改善に向けた助言を実施。
○試験場内で飼育している牛に給与する飼料の成分分析及び評価を行い、試験研究の円滑な実施に貢献。
(3)粗飼料生産事業
○年2回、トウモロコシとイタリアンライグラスを栽培・収穫し、場内の試験牛への給与を行った。
○場内で発生する家畜排せつ物は全て堆肥化し、圃場へ還元した。

これまでの取組に対する評価

(1)粗飼料増産のための優良品種選定試験
○飼料価格高騰対策や安心・安全な畜産物の生産といった観点から、畜産農家の良質な自給粗飼料の増産への関心は高まっており、試験結果に対する畜産農家の注目度は高い。
○鳥取県の気候に適した飼料作物品種を試験により選定し公表することで、自給粗飼料の増産意欲の向上と畜産農家の経営改善の一助となっている。
(2)飼料分析を活用した給与技術向上支援事業
○飼料給与管理技術や自給飼料生産技術の改善のために、飼料分析は積極的に活用されており、畜産農家を始め指導関係機関からの期待は大きい。
○飼料の分析により、畜産農家は常に変化する飼料の品質や栄養価を把握し、適切な飼養管理や自給粗飼料生産に役立て、経営の改善と安定の一助となっている。
○試験場内で実施している各種試験研究では、牛に給与している飼料の栄養価や品質を詳細に把握することは必須であり、こうした理由からも飼料分析できる環境は必要。
(3)粗飼料生産事業
○酪農部門では給与飼料の約5割(現物給与量)を本事業で生産される牧草でまかなっており、飼料費抑制とともに牛の健康状態も良好に保たれている。
○毎年の牧草収量も比較的良好。これは還元したふん尿の肥料効果によるものが大きいと考えられる。
○本事業は、牛の試験研究の実施を支える、非常に重要な役割の一端を担っており、必要不可欠であると考えている。

工程表との関連

関連する政策内容

市場競争力を高める低コスト生産技術の開発。

関連する政策目標

内発生の糞尿の圃場還元と供試牛に係る飼料経費低減を図り、同時に優良品種の農家への実証展示を行う。


財政課処理欄


 備品購入費を精査しました。

要求額の財源内訳(単位:千円)

区分 事業費 財源内訳
国庫支出金 使用料・手数料 寄附金 分担金・負担金 起債 財産収入 その他 一般財源
前年度予算 11,211 0 560 0 0 0 4,768 0 5,883
要求額 14,860 0 622 0 0 0 2,564 0 11,674

財政課使用欄(単位:千円)

区分 事業費 国庫支出金 使用料・手数料 寄附金 分担金・負担金 起債 財産収入 その他 一般財源
計上額 10,499 0 622 0 0 0 2,564 0 7,313
保留 0 0 0 0 0 0 0 0 0
別途 0 0 0 0 0 0 0 0 0