現在の位置: 予算編成過程の公開 の 令和元年度予算 の 農林水産部の白ネギを核とする弓浜砂丘地の野菜栽培技術の確立
平成31年度
当初予算 一般事業(公共事業以外)  一般事業要求      支出科目  款:農林水産業費 項:農業費 目:園芸試験場費
事業名:

白ネギを核とする弓浜砂丘地の野菜栽培技術の確立

もどる  もどる
(この事業に対するご質問・ご意見はこちらにお寄せください)

農林水産部 園芸試験場 弓浜砂丘地分場 

電話番号:0859-45-4616  E-mail:engeishiken@pref.tottori.lg.jp

  事業費(A) 人件費(B) トータルコスト
(A+B)
正職員 非常勤職員 臨時的任用職員
31年度当初予算額 2,760千円 30,958千円 33,718千円 3.9人 2.5人 0.0人
31年度当初予算要求額 2,760千円 30,958千円 33,718千円 3.9人 2.5人 0.0人
30年度当初予算額 2,782千円 30,986千円 33,768千円 3.9人 2.8人 0.0人

事業費

要求額:2,760千円  (前年度予算額 2,782千円)  財源:単県、その他(受託費) 

一般事業査定:計上   計上額:2,760千円

事業内容

概略説明

鳥取県は西日本でも有数の白ネギの生産供給地であり、年間切れ目無く(周年)出荷することで他産地よりも有利な販売を展開できている。しかし近年、産地としての存亡に係わるような病害等の発生が見られ始め、早急な対策が必要とされており、同時に周年出荷体系の強化も求められているため、産地力強化に向けた栽培技術を確立する。

     また、特有の砂質土壌を活用した特産野菜の栽培が行われている。近年、消費者による「味・おいしさ」へのこだわりが強くなり、このニーズに対応した品種へのシフトが求められている。ただし、味の良い品種は栽培上での問題点も多く、栽培技術の確立を行う

1 事業の必要性

○白ネギ
(1)新たな病害虫蔓延防止技術の確立
・難防除病害「ネギ黒腐菌核病」は平成22年4月に弓浜地域の春ネギ栽培圃場において初めて発生が確認され、以降、弓浜地域では秋冬ネギ、夏ネギにまで発生し、年々発生圃場が増加し被害が拡大している。今後の蔓延、拡大が懸念されるため早急な防除方法の確立および罹病株等の簡易な残渣処理法の開発が求められている。
・水田地域を中心にネダニ類による白ネギの被害が多発している。
現在ネダニに登録のある薬剤がほとんど無いため、ネダニの生態解明と耕種的防除を併せた被害防止策が求められている。
(2)周年出荷体系に向けた栽培技術の確立
・一本ネギの抽台により端境期となる5月中旬から下旬は不抽台性の坊主不知ネギが用いられているが、市場からは品質面から一本ネギの出荷が求められている。
・夏ネギの早期栽培は、トンネル被覆により抽台抑制と生育促進が図られ、5月末から出荷されているが、労力及び資材費の関係から無被覆による省力化技術の開発が求められている。
○特産野菜
(1)ニンジン及びサツマイモの品種選定と栽培技術の確立
・主要品種の切り替えが行われ、品種に適した栽培技術の確立が求められている。

2 事業の内容

3 事業の効果

4 これまでの成果

5 H31年度要求額内訳(単位:千円)

6 試験実施期間

平成31〜34年

これまでの取組と成果

これまでの取組状況

○白ネギ
ネギ黒腐菌核病については産地存亡に係わる重要病害であることから、平成25年度から臨時的調査研究事業を活用し,、他県における情報収集など行い、スピード感を持って対処している。また、試験場圃場への病原菌の持ち込みおよび再現が困難なことから、現地発生圃場において試験を実施している。
ネダニについては、登録薬剤が無くなったことから、新規薬剤等の登録へ向け他試験を実施。
白ネギの周年出荷体系を強化するため、時期別の品種比較試験、栽培技術確立に向けての施肥、散水試験を実施している。
○特産野菜
人参、サツマイモにおいて品種の選定を行い、新しい品種に対応した栽培技術について試験を実施している。

これまでの取組に対する評価

平成30年度外部評価委員会議(中間評価)の結果
評点12.9評価 ◎
(評点9以上で研究を実施する)
評価委員の主な意見
・白ネギは鳥取県を代表する作物なので、今後の持続可能性を視野に入れた対策を望む。
・ネギ黒腐菌核病対策は効果的な結果が検出され、今後の普及に期待ができる。
・種子や農薬の生産中止、停止等のリスクに関して、そのバックアップ等も視野に入れた研究も今後必要。

工程表との関連

関連する政策内容

安全・安心、高品質な農産物の生産技術の確立

関連する政策目標


財政課処理欄


要求額の財源内訳(単位:千円)

区分 事業費 財源内訳
国庫支出金 使用料・手数料 寄附金 分担金・負担金 起債 財産収入 その他 一般財源
前年度予算 2,782 0 0 0 0 0 0 1,950 832
要求額 2,760 0 0 0 0 0 0 1,950 810

財政課使用欄(単位:千円)

区分 事業費 国庫支出金 使用料・手数料 寄附金 分担金・負担金 起債 財産収入 その他 一般財源
計上額 2,760 0 0 0 0 0 0 1,950 810
保留 0 0 0 0 0 0 0 0 0
別途 0 0 0 0 0 0 0 0 0