現在の位置: 予算編成過程の公開 の 令和元年度予算 の 生活環境部の鳥取県木造住宅生産者団体活動支援事業
平成31年度
当初予算 一般事業(公共事業以外)  一般事業要求      支出科目  款:土木費 項:住宅費 目:住宅建設費
事業名:

鳥取県木造住宅生産者団体活動支援事業

もどる  もどる
(この事業に対するご質問・ご意見はこちらにお寄せください)

生活環境部 住まいまちづくり課 企画担当 

電話番号:0857-26-7398  E-mail:sumaimachizukuri@pref.tottori.lg.jp

  事業費(A) 人件費(B) トータルコスト
(A+B)
正職員 非常勤職員 臨時的任用職員
31年度当初予算額 2,900千円 794千円 3,694千円 0.1人 0.0人 0.0人
31年度当初予算要求額 2,900千円 794千円 3,694千円 0.1人 0.0人 0.0人
30年度当初予算額 2,940千円 795千円 3,735千円 0.1人 0.0人 0.0人

事業費

要求額:2,900千円  (前年度予算額 2,940千円)  財源:国45% 

一般事業査定:計上   計上額:2,900千円

事業内容

1 目的

県産材を活用した木造住宅や伝統技術等の良さを広く県民へ普及啓発することにより、県民の住生活の向上及び地域住宅産業の振興、育成を図る。

2 事業内容

木造住宅の建設に携わる者の組織する団体が、県民等を対象に、次の目的を達成するため実施する事業を支援する。

     ・木造住宅の良さ、伝統技術に関する普及啓発
     ・木造住宅産業の振興と地場産業の育成
     ・県民の住生活の向上
     ・森林環境保全及び県産材重要拡大の推進

    〇対象事業例:イベント、セミナー開催等

3 現状及び背景等

〇戸建住宅の建築着工戸数が年々減少する中、地域工務店の多くは大手住宅メーカーの商品力・営業力に押され、苦戦を強いられている。
〇地域の工務店が、木造住宅や伝統技術の良さをPRしたくても、単独での実施は困難で、団体も資力は乏しいため、公益的な事業に対する県の支援が必要。
〇これまで行われた「木の住まいフェア」等の県民向けイベントは、県が実施するとっとり住まいる支援事業、とっとり匠の技活用リモデル事業や、鳥取エコハウス推進協議会が取り組む鳥取県型環境配慮住宅(鳥取エコハウス)の概念とマッチした理念の下行われるものであり、これらの施策PRも期待できる。

4 要求額

2,900千円(国45%、県55%)(前年度:3,000千円)
※いずれも事業費の1/2を補助。

内訳
○一般社団法人鳥取県木造住宅推進協議会への補助
(2,500千円)
 〜木の住まいフェア〜
 県産材を使用した住宅の事例(写真)・模型等の展示、無料住宅相談会、伝統技術の体験型イベント等を実施。


○「住まい・職人の技inくらよし」実行委員会への補助
400千円)

〜「住まい・職人の技inくらよし」〜
 倉吉市旧牧田家の周辺において、木造住宅の良さや伝統技術の普及啓発を目的としたイベントを実施。


財政課処理欄


要求額の財源内訳(単位:千円)

区分 事業費 財源内訳
国庫支出金 使用料・手数料 寄附金 分担金・負担金 起債 財産収入 その他 一般財源
前年度予算 2,940 1,323 0 0 0 0 0 0 1,617
要求額 2,900 1,305 0 0 0 0 0 0 1,595

財政課使用欄(単位:千円)

区分 事業費 国庫支出金 使用料・手数料 寄附金 分担金・負担金 起債 財産収入 その他 一般財源
計上額 2,900 1,305 0 0 0 0 0 0 1,595
保留 0 0 0 0 0 0 0 0 0
別途 0 0 0 0 0 0 0 0 0